2010年10月22日

Oloneo PhotoEngine


junki氏(「なんとなく、ふわっと・・」)ご推奨のソフトを試用してみた。HDRトーンマップ処理を行うソフトで、Oloneo PhotoEngineという。

なるほど使い勝手は悪くない。むしろ、Photomatixを使い慣れていると、物足りなく感じるほどに操作がシンプルだ。

使用方法のビデオ解説はコチラ

今回のHDR画像は、AEブラケット三枚撮りJPEGをOloneo PhotoEngineだけで処理した。(色調補正はいつののようにPhotoshopで)

銀座四丁目にて、2010年8月21日撮影。


クリックで拡大


クリックで拡大



この画像がお気に召したらクリックをお願いします
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ  にほんブログ村 写真ブログ 女性写真(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ  人気ブログランキングへ



去年の今頃は。。。            









この記事へのコメント
こんにちは。

Oloneo を試用されたんですね。見事な作例ですね。

トーンマッピングでの色転びや階調のくずれの主な原因は、ヒストグラムの
明端、暗端からはみ出ることですので、ヒストグラムをリアルタイムで
見ながら分かりやすい UI でトーンマッピングできる利点は大きい、と
感じています。

しかし、除霊機能がない、自動アラインが粗い、プリセット機能がない
など、まだまだ完成度はいまいちですね。Photomatix で *.hdr ファイルを
つくって、Oloneo でトーンマッピング、色調調整、トーンカーブなどを
いじるのがいいのかもしれません。

これ、いまのままだとお金を出して買うひとは少ないと思いますので、
またテスト期間が延長されるんじゃないか、と期待しています。(笑
Posted by junki at 2010年10月22日 11:45
junkiさん☆

貴重な情報をありがとうございました。

確かに自然な色調に仕上がる点はとても魅力的ですね。

おっしゃるとおりお金を出して買おうとは思わないけど(笑)
Posted by 管理人Veronica at 2010年10月22日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック