2011年07月14日

ガラス細工の馬

近頃新しいおもちゃが手に入ってすっかりそれに掛かりっ切りで、検証レポをアップしようと思いつつ、nonbe氏に先を越された。

Photomatix Pro 4.1 Beta 7のことである。

nonbe氏のレポにあるように、「Align source images」と「Remove ghosts」の性能が格段に向上している。

しかし、今回のベータ版の目玉は、トーンマップ画面に追加された「Selection Mode」である。画像の任意の部分を選択し(この選択が結構利口だ)、その部分を元画像の露出違い複数枚から最適なものを選んで差し替えることができる。

当然動体除去にも効果を発揮するが、自動動体除去機能がかなり優秀なので、その出番はなさそうだ。「Selection Mode」が最も活躍するのは、空特に青空であろう。これまでPhotomatixは青空の階調の処理が苦手なことが悪評されてきたが、それへの対策として今回追加された新機能だと考えられる。

「Selection Mode」ボタンの右横にあるパープルの「?」をクリックすると簡単な解説が別窓で開く。英語が苦手の向きにはnonbe氏オススメの翻訳ソフトでも使っていただこうか。

なお、今回のHDR画像は、PhotomatixではなくHDR Efex Proを使用している。

小樽にて、2011年6月23日、ウチの子撮影。


クリックで拡大



ご覧いただきありがとうございます。
クリックをお願いします
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ  人気ブログランキングへ



            Nik Software





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック